東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学2年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

別居時の引越しと買ったもの

別居の引越しをするにあたり、まず元々住んでいたマンションから持っていく物の定義を決めました。

やや曖昧な部分もありますが、後々問題にならないようにです。

 

・息子の私物
おもちゃや、洋服、靴なんかですね。絵本を入れていた本棚やおもちゃの棚なんかも含めます。

・私の私物
私が個人的に持っている共有ではないもの。
結婚前から所有していたものは共有でも持って行きました。家具も同様です。
その他私のものとしてプレゼントされたもの等。

 

通帳、印鑑、ノートパソコン、マイナンバーカードなどは別居の際に持ち出していましたが、その他に保険関係の書類などの貴重品も持ち出しました。(もちろん私と息子名義のものだけです。息子名義は私が払っていましたから。)


ここで必要なものが逆にわかるのですが、家電はほぼ何もありませんでしたので、全てそろえることになりました。
あとは細かい雑貨類や、食卓セットなどです。

家電はケーズデンキさんに行き、まとめて購入したらかなり値引きしていただきました。25万円で済みました。
家具や小物類はニトリで。この2軒でほぼ揃いました。


引越し前日に契約したアパートにダンボールを届けてもらい、引越し当日の朝、タクシーでマンションにダンボールを運びました。
一気に荷造りし、やるせなさで何度も何度も涙が出ました。
午後引越し業者に来てもらい、あっという間に引越し完了。。

 

保育園に預けていた息子を夕方迎えに行ったとき、お友達のママの前で号泣してしまいました。(子どもたちは見てませんよ。。)
あの時心配をかけたママ、励ましてくれてありがとう。

 

息子は新しい部屋にびっくりしていましたが、1ヶ月以上遊べなかった自分のおもちゃや絵本が返ってきて喜んでいました。
でも3ヶ月くらいは、前のおうちに戻りたいと時々泣いていました。

 

引越しが終わり、あるものがないと気づいたのです。
それは・・・敷き布団!!持ち出すのを忘れてしまいました。
うっかりにもほどがありますが、一部の荷物を持ち出す為に気がつかなかったんですね・・・。

「敷き布団忘れちゃってさ~、いま掛け布団敷いて寝てるの笑」と何気なしに保育園のお友達のママに話したところ、即お布団を車で持ってきてくれて、新しいお布団が届くまで貸していただくことになり、本当に本当に助かりました。持つべきものは友人です。

 

amazon

貴女が離婚を決める前にしなければならない8つのこと(ゴマブックス)

新品価格
¥1,798から
(2017/2/9 11:45時点)