東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学2年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

母子家庭で葬儀やお通夜に参列するときのマナー考察

先日、私の尊敬する元上司が亡くなり、シングルマザーの私がどうお悔やみすればよいか自分なりに考えてみました。一般論にはそぐわないところもあるかもしれませんが、今回の自分のケースを中心に考察です。

Rosary

私の立場

私は既にその会社を退職している元社員であるため、立場上葬儀には参列できません。

そうなると、通夜に参列するか、弔電と香典を送るか・・・という選択肢が残りました。

 

元社員とはいえ、7年間も机を並べて新卒から指導いただいた元上司です。できることなら最後にご挨拶に行きたいと思い、まずそこから検討しました。

 

会場へ行くにはどうするか 

葬儀場は家から電車で1時間です。5歳の息子を保育園の延長保育に預けても、最終お迎えに間に合いません。連れていくことになります。

やはり未就学児ゆえ迷惑だろうと考え、どのような葬儀になるのか先輩に相談しました。

 

相談したところ、喪主は元上司の息子さんですが、社葬扱いで進行するとの事。親族と会社関係の方が中で儀式をして、それ以外の弔問者がかなり大勢集まるので子連れでも静かにできれば大丈夫との事。

 

インフォームドコンセント 

それならば、とまずは息子にインフォームドコンセント。医療用語ですが、直訳すると「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」。

息子自身は親族の葬儀に1度参列していますが、今回は親族ではないため、何の情報も得ずに参加するのは難しいと考えました。

 

スポンサーリンク

 

私「ママ大事なお話があるんだけど聞いてくれる?」

息子「うん」

私「お仕事でね、ママがとってもお世話になったNさんっておじさんが亡くなったの。」

息子「Nさんってだれ?」

私「息子君が生まれる前にママがお仕事してたところの人だよ。息子君は赤ちゃんのときに会ったことあるけど覚えてないよね。。」

私「天国に行っちゃうからね、Nさんに今までありがとうってお礼言いに行きたいんだけど、夜だから息子君一緒に来てくれないと行けないの。行ってくれる?」

息子「ママ悲しいの?うん、わかった。」

私「ありがとう。みんなね、ママとおんなじ位いっぱい悲しいんだよ。だからおふざけしたり大きい声出したりしたらいけないんだよ。」

息子「わかった。オレふざけないよ。」

 

こんなやりとりをしました。

息子はおふざけボーイですが、話せば分かる子なので、このインフォームドコンセントはかなり有効です。

 

そして当日・・・

息子はボタンダウンにベスト、私は喪服に着替え、18時~19時と記載されていたので、18時50分に着くように行きました。

ロビーでは元上司Nさんの生前の写真スライドショーと、お好きだった音楽が流れていて、お世話になったときの事を色々思い出してこみ上げるものがありました。

 

何人か他にも社員や親族のお子さんがいて、みんなきちんと並んでいました。 

焼香するのは息子は始めてだったので、焼香の列に並んでいる間に簡単に説明しました。(火がついているから熱いという事も付け加えて。)

列は6人が同時に焼香できるようになっていました。かなり人数が多かったです。

お焼香、ママと一緒にまねしてやって「天国に行ってください」って心の中で言ってね。と伝えたら、焼香の時小さな声で言っていました。

 

お斎は失礼して、関係者の方に簡単に挨拶して帰りました。

 

息子は私が泣いていたのを察して、きわめていい子に、明るく振舞ってくれて、とても救われました。

 

まとめ

今回、結果として参列することができたのですが、お留守番できるようになるまでは、ほとんどの場合は参列できないなと感じました。

これは母子家庭に限った事ではなく、父親の帰りが遅いとか預け先がない普通の家庭でも同じかなと。

その場合は弔電と香典を送る方法しかないように思います。

 

Nさんに心からの冥福をお祈りいたします。