東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学1年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

契約社員の2018年問題

契約社員の2018年問題ってご存知ですか?

正社員で働いている人にはあまり関係のない話かもしれませんが、私は現在契約社員で働いているので、自然と耳に入ってきました。

 

2013年4月に「労働契約法」が改正され、5年以上更新された契約社員は無期雇用に申し込む事ができるんです。そのときに契約社員になった多くの人が5年を迎えるのが2018年3月なんです。

私は結婚を機に、正社員で勤めていた会社を辞めたため、結婚後最初は派遣社員で、そのままその会社に契約社員で働くことになりました。

私が契約社員になったのは2014年4月なので、大量に5年を迎える2018年3月より1年後ではありますが、ひと事ではありません。2年後に迫っているのです。

PC

私の勤めている会社は契約社員と5年を限度に更新するという契約書を交わしているため、法改正されたもののそれ以上は働けないという状態です。

そのため、今まで5年更新した契約社員は仕事がどんなにできる方でも無慈悲に契約終了が常だったんですが、去年3名が正社員に登用されたんです。

でも規定には何も載っていないし、一体何故…?

 

年末に、人事部と面談希望したい人は面談しますという通知が来たので、早速申し込みました。

 

今までは夫婦で二人三脚だったので、報酬が少なくても残業が無くて家から近いという条件で選んだ職場でしたが、今や離婚して一家の世帯主になった私は黙って指をくわえて沙汰を待っている場合ではありません。そんな気持ちでした。

スポンサーリンク

 

人事部の面談は人事部長でした。

離婚して息子を養っていく立場に変わった事、5年契約終了は承知しているが今回正社員に登用された人はどのような手順で登用されたのか、チャンスはあるのか、なければ契約社員が来年大量に退職するのに際し方針が決まっているのか、無期雇用のお考えはないですか?という話をしました。

 

人事部長の回答はこのようなものでした。

この報酬では正直言って生活できないでしょ。派遣会社紹介するから転職を考えたら?正社員に登用した人はとがっている人としか言えない。あなたがなれるかはタイミング良く高度なスキルを持っている場合だけ。

 

…人事部長のセリフですかそれは。生活できないってわかってる給与で人を集めておいて、相談に行ったら外に行けって。。。

 

そう反論しようかと思いましたが、無駄なのは口調から明らかなので、さっと諦めてあと2年の間にしっかり仕事を探すしかないなと悟りました。もう無期雇用とかそんな話をする気力もありませんでした。

  

雇用された時と状況が変わったので、このまま養っていくのは難しいのは分かっています。でもこんな言い方って…。これが現実なんだな…。

私にも正社員で一生懸命働いていた時期もあったんだけどな…。今もそれなりにしっかり働いていたつもりだったので、そんなに安っぽく思われていたなんて、自尊心がズタズタでした。

 

30代後半でもう求人も多くはありません。シングルマザーという企業からみたらマイナスのデメリットもあります。

息子を悲しませるわけにはいかないので、仕事と住む所、しっかり検討したいと思います。