東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学1年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

保育園年長ママが選ぶ幼児の為の市販常備薬3選

全国のお母さん、毎日の育児お疲れ様です!

子どもって、急に熱をだしたり、嘔吐したり、予兆なく体調を崩したりして大変ですよね。

保育園に通っている年長組の息子も今まで色々ありました。

 

乳児のうちはすぐ病院!という感じでしたが、だんだんと家で様子を看てもいいのかな・・・という感覚が掴めたあたりから、病院で逆に病気をもらうのも嫌だし、行く時間もないし、というときのために、市販薬を子供用に常備しています。

 

今まで使ってきた中で、これはあってよかったな!という市販薬トップ3を発表しま~す!

 

第3位 キャラものの絆創膏

f:id:mimitoto814:20170406215119j:image

いきなり薬じゃないじゃありませんか~とお思いでしょうが、絆創膏に対する子どもたちの信頼感は見逃せません。

たいしたこと無いぶつけた時とかも、とりあえず「いたいのいたいの とんでいけ~」的な、メンタル面に効果を発揮します。

ぜひ、お気に入りのキャラクターを常備しておきたいです。

アンパンマンは息子はあんまり気に入ってくれなくて余っております。。。

※お肌の弱いおこさんは気をつけてくださいね。

プラレールが無くなったら、このウルトラマンを買う予定です。

 

第2位 かぜシロップ 

f:id:mimitoto814:20170406215130j:image

この前ドラッグストアで、バファリンのはなかっぱを見つけたので買ってみました。いつもはムヒのアンパンマンこどもかぜシロップです。

息子的にはアンパンマンの方が美味しいそうです。

これらの風邪薬は3ヶ月以上の乳児から使用可です。

先日子供用の錠剤も旅行用に買ってみましたが、喉に引っかかる感じがして苦手なようです。

f:id:mimitoto814:20170408160408j:image

尚、息子は具合が悪くなくてもシロップ飲みたいがために、わざと咳き込んで「ママ・・・お風邪引いちゃったみたいだからシロップちょうだい」なんてわかりやすい嘘をつくことがあるので注意が必要です笑

スポンサーリンク

 

第1位 新ビオフェルミンS細粒 

f:id:mimitoto814:20170406215143j:image

堂々の1位はこちら!整腸薬の新ビオフェルミンSです。

おなかが緩くなったとき、ノロウイルスでやられて回復期に、などなどおなかの弱い息子には(あと私も常用)欠かせません。

風邪を引いたときは病院の薬の方が効くし、鼻水を吸ってもらったり、熱も心配だったりと小児科や耳鼻科のお世話になることが多いのですが、お腹くらいで病院に行く暇ありません。ノロなんかは病院に行っても何の手立ても無いですからね。。。

「常備薬」という面で言うと、この薬が一番ありがたい存在です。

味もありませんし、水に溶かしてさっと飲めます。

 

番外編 袋オブラート

f:id:mimitoto814:20170406215152j:image

まずい抗生物質を出されたときはこれに限ります。

おくす○のめたね(抗生物質用チョコレート味)やゼリーに混ぜるなど色々試しましたが、これが一番のみやすいそうです。

漢方薬なんかもこれで飲んでいます。(小児科の先生は漢方も出す)

去年の夏にヘルパンギーナにかかった時に、濃いピンク色の変な匂いの抗生物質を処方された時に特に活躍しました!保育園で服用する際も、これで難なく飲んでくれましたよ〜!

ちょっと水につけてふやかしたら、すぐ飲む!がポイントです。

いかがでしたか?

今日も息子は空中逆上がりの練習をしていて肘に怪我をして、プラレールの絆創膏を貼っています。怪我が絶えないですね。

毎日元気に、おおきくな~れ!

f:id:mimitoto814:20170407090134j:image