東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学2年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

お盆休みは瀬戸内海で過ごしています-後編

フェリーで大崎上島へ

f:id:mimitoto814:20170816234535j:image

小型のカーフェリーに乗り、大崎上島のホテルへ一泊で行きました。

大崎上島は橋が架かっていない為、フェリーでの移動です!

f:id:mimitoto814:20170816234550j:image

初めてのフェリーに大喜び!

 

f:id:mimitoto814:20170816234603j:image

私と息子のツーショット♡

 

f:id:mimitoto814:20170816234649j:image

あら?!ここはどこかステキな南の国の海外かしら?と思ってしまうほど、素晴らしい景色が続きます。

ホテルの下の海水浴場へ

f:id:mimitoto814:20170816234722j:image

従兄弟がGoProで沢山撮影してくれました!動画の大半は騒ぐ息子の声が聞こえていました(^_^;)

大崎上島の海水浴場はちゃんとサメ除けのネットがあり安全でした。

でも波がないからプールで遊んでるみたいと息子。よく気がついたね〜!

瀬戸内海は大型の船が通るとかわいいうねりが来る程度なので、この広島の海を見て育った私が大人になってまさかサーフィンをするとは思っていませんでしたね〜。

 

大崎上島のホテル清風館

f:id:mimitoto814:20170816235145j:image

従兄弟③におんぶしてもらう息子

ロビーの段通っていうんですかね。絨毯は島の特産であるミカンの模様が織られていて、とても素敵でした。三笠宮様も滞在された事のあるとの事。

ホテルでは、私の両親の還暦祝いを親戚で開催しました(o^^o)お造りもお料理もとっても美味しかったです。

また、露天風呂や部屋からの景色は瀬戸内海を一望でき、とてもいい記念になりました。

hotel-seifukan.co.jp

大崎上島ってどんなところ?

ここで改めて、瀬戸内海の島についてご紹介です!!

ポルノグラフティのお二人の出身である因島はまあまあ認知度が上がってきていると思いますが、まだまだ関東の方には広島というと宮島・平和公園・尾道が鉄板ですよね。

瀬戸内海に浮かぶ大崎上島は、広島県豊田郡にあたり、呉市と尾道市の間に位置しています。竹原港などからのフェリーでしか上陸できず、みかんで有名。

新聞などで最近目にする事があると思いますが、国際バカロレア認定校の中高一貫校がこの島に2019年度に開校予定です。

国立の広島商船高専もこの島にあり、私は息子をこのどちらかの学校に入れたいと淡い期待を寄せています。(国際教育も魅力的だし、船での輸出入はどんな時代も消えないと見ているため)

また、この大崎上島は、山田洋次監督・妻夫木聡主演の「東京家族」の舞台になった島だそうです。知りませんでした。東京に帰ったら観てみようと思います!

大崎上島は、本宅のある島とは違って中学や高校もあるし、何より大きめのスーパーやドラッグストアも何軒かあってかなり住みやすそうでした。

自転車が好きな方が尾道を拠点にサイクリングをされていて、しまなみ海道やとびしま海道のある橋の効果を感じています。

興味のある方は、是非一度訪れてみてください。ゆっくりとした時間がそこにありますよ。

スポンサーリンク

 

いよいよ帰路へ

長かった広島滞在も今日で最後になりました。

行きはマイルで飛行機でしたが、帰りはお盆時期でマイルが使えなかった為新幹線で帰ります。

新幹線には元々広島駅から乗る予定でしたが、尾道在住の従兄弟達が新尾道駅まで送ってくれることになり、そこから新幹線に乗り、岡山で本来予約していたのぞみに乗り換えることになりました。

 

f:id:mimitoto814:20170816235218j:image

ジャーン!!元小鉄の息子、初の500系に大喜びです!前回広島に来た時、ひかりレールスターと、みずほ・さくらのN700系しか見られなかったので、500系に大興奮です!

なぜ500系に大喜びかと言うと…

f:id:mimitoto814:20170816235306j:image

これです!

500系は先頭車両に、このお子様運転席があるんですよ〜!他に子供はなく、空いていたので、岡山までこの席を楽しませてもらいました。

500系は新大阪までしか運行していないので、これも貴重な経験になりました。

まとめ

1週間も広島の田舎で過ごし、色々な経験ができた息子。真っ黒に日焼けして6歳を迎える事が出来ました。

親戚の中で、一番の都会っ子な東京生まれ東京育ちの息子ですが、一番島に馴染んでいました。

楽しい思い出がいっぱいで、帰ってもとてもいい顔をしていました。

f:id:mimitoto814:20170816235320j:image

ルーツである広島のきれいな海を、大人になっても忘れずに成長して欲しいです。

関連記事

お盆休みは瀬戸内海で過ごしています-前編 - 東京シンママ日記

息子6歳のお誕生日! - 東京シンママ日記