東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学1年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

別居のアパートからマンションへ引越し!

f:id:mimitoto814:20170916195008j:image

7月の終わりに申込みをした横浜市のマンションに、いよいよ明日引越しする事になりました。

 

いま住んでいる部屋はたったの1LDKの築30年のアパートです。

去年の春、離婚を決意して別居するために借りたこの部屋ともいよいよお別れです。

 

別居の引越し

梱包をしていると、1年半前の事をどうしても思い出してしまいます。

元夫と元娘がいない間にワアワア大泣きしながら荷造りして、逃げるように引越しました。

 

築9年の綺麗な分譲マンションで生まれ育った当時4歳だった息子。ひどく狭くて古いこのアパートはどんなに不安にさせたことか。

 

自分のおもちゃが一通り揃っていてホッとしてくれたけど、実際は引越しで1ヶ月ぶりに住んでいたマンションに1人入ると息子の私物は端に寄せてあって、車に乗せてあったチャイルドシートや子ども用のマットなどもベランダに捨てられていたあの光景。

私の事はどれだけ憎くても、息子のものだけはどんな事があってもいつ帰って来てもいいようにしてると思ってただけに衝撃的でした。

 

あの辛くて悲しい別居の引越しから1年半、離婚届を出し、いよいよちゃんとしたお家に住む事が出来る事になり、感慨深いです。

このアパートは私と息子2人の城だった

昨日から息子は実家に泊まりに行き、一足先にこのアパートに別れを告げました。

 

2人だけの城。

誰にも見張られてる事もなく、理不尽に怒られたり、財布からお金を盗まれたりする心配もなく、息子と2人、初めて自分らしく、のんびり気が休まる事が出来た場所。

振り返ってみるとこのアパートは私にとって、辛い思い出だけじゃないなと思えるようになりました。

 

誰にも気を使わず、初めて息子と向き合えるようになって、やっと幸せになるんだ!と最近とても感じています。

息子から父親と姉を引き離してしまった罪悪感は消えませんが、私が私らしく過ごしていれば、きっと息子もいつかわかってくれるかな…。

スポンサーリンク

 

新しいマンション

新しく引越すマンションは

  1. 実家から徒歩5分
  2. 小学校目の前

という立地が素晴らしい場所です。

しかも3DKで今のほぼ倍の広さなのに、家賃は今より安いというドリームマンション!

いかに23区が高いのかと言う事ですが、別に23区にこだわっていたわけではなかったので、地元に戻る事に決めました。

でもいざ離れるとなるとやっぱり同じ保育園のお友達は誰もいないので、また新たに小学校で人間関係を築いていかなくてはいけません。しかも母子家庭からのスタートなので不安でいっぱいですが、息子の明るい性格を信じてたくさん友達を作ってもらえたらなと思っています。

 

実家の両親はとても喜んでいるし、同居では無い適度な距離で、母ともうまく助け合っていけそうです!

引越しの荷造り

息子は引越しがよほど嬉しいらしく、ダンボールが届いたら、自分のおもちゃや絵本をせっせと荷造りしていました。箱を自分で作って、運んで、ずいぶんお兄ちゃんになったもんです

 

高校生の頃、引越しのバイトをずっとしていた私。梱包は今回もあっという間に終わりました。(前日の夜やれば終わると言うとみんな驚くけど、普通はどうなんでしょうね?)

いよいよ明日

10年以上暮らしたこの地域ともいよいよお別れ。

車も無事に買えたし、明日から新しい生活が始まると思うとワクワクします!

不安もありますが、息子と2人、頑張りまーす(o^^o)