東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学1年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

シンママ友達に彼氏!再婚について考えてみる

LOVE

先日、同時期にシンママになったNちゃん一家とファミレスに行った時のこと。

なんだか最近きれいになったね〜〜なんてノンビリした事を話したら、なんと彼氏ができたとの事!!! 

すんごいビックリして、フェッ?!っとすっとんきょうな声を出してしまいました( ̄∇ ̄)

いつの間に~!すごいじゃん!!!

美人なNちゃん

Nちゃんは離婚ではなく、2年前に事故で旦那さんを亡くしていて、当時下のお嬢さんを産んだばかりだった為、私なんかよりずっとずっと苦労しています。

そんなNちゃんはまだ30代前半で、とっても美人さんなので、子どもが2人いたとしても、フリーになったらモテて当たり前なんですね〜。なんと3人もの男性に言い寄られていたとの事。

モテない私

対して私はスペック的にも30代後半だし、顔も普通以下と良いところ何もないので、全く言い寄られる事もなく笑

元々あんまり男性に頼るタイプではなく、今も全然彼氏が欲しいとか、再婚したいとか考えた事もないので、ただただ「お母さん」としてのポジションで何の疑問もなく過ごしてきました。

比べると負け惜しみみたい笑 はずかしー!!

でも本当なんですよ~(;∀;) 

それだけに、今回の事件(Nちゃんに彼氏ができた)が衝撃的すぎて、もうビックリですよ。

スポンサーリンク

 

再婚について考える

Nちゃんに「ミトちゃんは彼氏欲しくないの~?私は甘えられる男がいないと絶対無理なんだけど!」と言われ、考えたこともなかったので正直にそう話しました。

帰ってから色々考えてみました。

 

独身時代基本的に彼氏はいらない、彼氏<サーフィンだった私です。

今はもう自分<息子の構図が出来上がってて、彼氏とか、ましてやその親とかに時間を割くなんて想像しただけでゾッとします。

ただでさえ忙しい毎日で、朝5時から起きて土曜日も仕事なのに、いつ付き合うのかとか、これ以上自分の時間が無くなるなんて無理です。

 

しかも私は何を隠そう(隠してないけど)元ステップマザー(継母)ですからね…。

元夫の娘が小学校中学年~高校生までステップマザーをやっていました。

ステップファミリー、私は絶対もう無理です。大事な息子にあんな思いをさせたくありません。

 

今は誰にも気を使わない(これが一番大きい)し、家事の量だって半分以下(元夫は基本何もしなかった)だし、うるさい姑もいないしで、今考えると育児も家事も押し付けられいて、色んな人に奴隷・搾取と言われるような状態でした。

今は大変は大変だけど、精神的にとってもとっても楽になりました。

もちろん息子はパパがいてくれたらどんなにか良いかもしれませんが、私が無理なんです。

 

すごく思うのは、別居後・離婚後のほうが息子のお話を聞いてあげたり、元娘に遠慮せず息子をぎゅっと抱きしめてあげたり、今の方が息子をたくさん愛してあげられているなと感じています。

 

ステップファミリーを否定するわけではなく、一番大事なのは相手次第で、母親が実母なパターンは、そんなに悪くないかもしれません。

でも実際に経験した現実が厳しすぎて、私自身がまたステップファミリーを作ろうというは考えに至らなかったというところでしょうか。

 

もしかしたら、これが一番自分にストップをかけている要因なのかな。

書きながら気がつきました

わざわざステップファミリーにならなくても、彼氏だけとか、色んな形があるかもしれませんが、私には再婚は無いな、と再確認したのでした。

息子の気持ち

息子はいつも元夫に会えるのを楽しみにしているので、他の人がパパになるのなんてきっと嫌だろうなと思っていたら、そのファミレスで、恋バナに花を咲かせていた私たちに息子が一言、「ママもまた結婚すればいいじゃん!」と、トムとジェリーのジェリーの真似したウインク付きのとびきりの笑顔でさらっと言われました!

 

私「ええっ!?だ…誰と?!?!」

息子「誰でもいいんじゃない?」

ひえー、そんなものなの…?ていうか会話聞いてたんかい!

 

でも、ママはもう二度と結婚しない!

少なくとも息子が成人するまでは!

その前に相手いないし!笑

まとめ 

Nちゃんが幸せそうで、とっても嬉しかったです。Nちゃん、亡くなった旦那さんのこと立ち直れたのかな~。

みんながみんな、ステップファミリーで幸せになれないなんて事はなくて、要はお互いの思いやりが大事なんですよ。それがあれば、大変でも乗り越えられると思います。

今ステップファミリーで幸せな人を否定するわけではないので、この記事を読んで嫌な思いをした人がいたらごめんなさい。

私の経験に基づく私なりの答えでした。