東京シンママ日記

元ステップマザーで現シングルマザー。小学2年生の息子は宝物!自分らしく生きるを目指す母子家庭の日記です。

【朗報】息子、就寝時間が早くなる

こんばんは!東京シンママ日記のミトちゃんです!

今週頭からカキにあたって散々でございましたが、なんとか復活して無事に仕事へ行っています!

小学校がはじまって1週間

入学式から、1週間小学校へ通った息子。

入学式は泣いて行かないと大騒ぎしたのが嘘のように、毎日今日も楽しかった!と小学校を楽しみに通ってくれて、嬉しく思っています。

そんな息子ですが、お疲れのため以前より寝るのが早くなりました

 

保育園時代

といっても2週間前まで保育園でしたが、保育園はお昼寝があったので、元々体力のある息子は早く布団に行かせてもなかなか寝られずにいつも21時半に寝ていました

 

遅いですよね〜。

 

21時半といっても眠りにつくのは22時すぎなので、実際の睡眠時間は短いなと常々思っていました。

そして今

まだたったの5日しか経ってませんが、最初が肝心という事で、かねてより早く寝て欲しいと願っていた私は、入学式の日から今日から寝るのは21時だよ!と宣言!

毎日20時半くらいから寝る準備をはじめ、きっちり実行されています!

 

やったぁ!

 

そして、今までは寝付くのもかなり時間がかかっていましたが、慣れない小学校生活で疲れているのかたったの2.3分で睡眠に入っています!

まるでのび太ですね。

f:id:mimitoto814:20180412122533j:image

広々としたお布団で、いつも私に寄り添ってギリギリの場所で寝る息子。

かわいいです(*^_^*)

(朝起こす前に撮影しました。)

 

スポンサーリンク

 

朝も、今までは6時前に起きていたのが7時前に起きるように変わったため、わりとスッキリ起きられているようです。

朝から機嫌もよく、すべてがwin-winです^^

まとめ

添い寝はもう必要ないので、短めの絵本を読んであげて、お布団をさっとかけてあげるだけで、寝かしつけは終了です。

息子が赤ちゃん時代の私に教えてあげたい!!

 

というか、振り返ってみると、個人差はどうしてもあると思いますが、年長さんで体力のある子にはお昼寝時間は眠れず遊べず退屈(しかもお昼寝時間終了間際に寝てしまい、すぐ起こされる事が多かった)で、夜は夜で寝られず、朝も起きられずに辛そうだったので、日中思いっきり遊ばせて、夜さっと寝るのが心身ともによさそうな気がします。

 

小学校生活が始まったばかりなので、規則正しく生活して健康で過ごして欲しいです。